TAMIYA HONDA NSR'98 MOVISTER PONS


完成画像

2008/06/26更新(完成)

ジョンコシンスキー車を作成します。


インディーブルーとブルーでベースの色を」あわせます。
下地の白はガイアです。


カウリングファスナーをネジにします。
注釈:完成時によりヘッド部の小さい極小ネジに交換しています。





デカールをコピーし、ギザギザをデザインナイフで切っていきます。

下地を#400で整えた後、ガイア白を塗装、塗装後、#800で下地を整え
再度白を塗装し、白の部分をマスキングします。レプソルオレンジは
蛍光オレンジとオレンジで調色、レプソルブルーは以前に作成したのを
使用したんで、どのように調色したのか忘れてしまいました。



表面の塗装の浮きを#1000で処理しコンパウンドで表面を整えます。
私の場合表面を処理した後クリアを塗装しておきます。
 

星のマークと文字を切り出して貼り付けます。
デカールは水につける前に切っておきます。
(私は以前、したの台紙まで切っていましたが、よく考えれば台紙は切る必要が
なく、表面のデカールフィルムを切ればいいので、デザインナイフを軽く滑らせば良いことに最近気づきました。)


#800で水研ぎしながらデカールの段差をとります。
その後、塗装膜圧を少し厚めに仕上げのクリアーを2度塗装します。


フレームはメッキを除去(ハイター風呂につけておきます。)しサフ、シルバー塗装し
ガイアシルバーで仕上げ塗装します。また、溶接後にはエナメル塗料でフラットブラックを
薄めにしてしみいれします。乾燥後エナメルシンナーで余分な部分を綿棒で拭き取ります。
ステップ部分は開口しています。


サイレンサーはデカールをはり、よく乾燥させた後クリアーを塗装、
リアーフェンダーはカーボン風塗装後、スモーク、デカールをはり、クリアー塗装


チャンバーはエアーブラシでだいたいの焼けを表現した後、
エナメルのクリアオレンジとブラックをエナメルシンナーで希釈たものを、溶接後にそって筆塗りしています。


ブレンボデカール追加と割ピンを工作しました。また、六角プラ棒でナット自作


ラジエター付け根にボルトを追加


アクセルワイヤ基部を工作


HOME

inserted by FC2 system