HONDA Rothmns RVF'87

田宮の市販車RC30を使用して鈴鹿8耐マシンを作成します。


ポリパテで裏打ちやカウリングのヘッドライト、ウインカー、ミラーの穴あき部分を埋めます。


いらないパテを削り取り、極小ネジでファスナーを再現します。
アッパーカウルは強度にかけるので気をつけないと割ってしまいます。


フューエル部分を改造します。元々のフューエル部分を削り取り一ミリのプラパンを
形通りに切り取り、NSのエッチングパーツを使用します。


田宮ニュース(215号)を参考にマフラーをサイレンサーを長くします。
私の場合、サイレンサーのエンドを切り取り、ポリパテで長さを作ります。


削り出して形を整えます。


プラサフを塗装、表面を整えます。


ディスクは穴空けし、フォークはメッキ加工している真鍮パイプを使用します。


整形後、シルバー塗装する前に、サフ、黒で塗装します。
サイレンサーのスプリングフックもつけておきます。


クリアー塗装後研ぎ出しをして、最後に仕上げのクリアーを2度塗装しました。


アルミテープを巻いて、爪楊枝で表面を強くならします。
アルミの質感が出るような気がします。


エッチングがあったのでローター部分をエッチングに置き換えます。

inserted by FC2 system