TAMIYA 1/12th YAMAHA YZR'83 Marlboro Kenny


ボディーパーツを接着した後、接着面にパテ、乾燥後
ペーパーにて整形、筋堀(苦手なんですが)し、シールドも
接着しておきます。


チャンバーの裏側もポリパテで埋めておきます。


蛍光レッドの色あわせですが、これも苦手で、クレオス
蛍光レッド、蛍光オレンジ、赤極少々、オレンジ極少々
と適当に調色しまいたが?


マスキング作業
ウェーブのマスキング細いテープとスリーエム
のマスキングテープを使います。




段差を綿棒、爪楊枝なので、テープの上から押さえます。


塗り分け塗装完了です。
表面をクリアーコートします。赤がにじんだりしないように。
といいながら




蛍光色を塗装するときに起こる失敗なのですが
塗装面が小さくわれるような感じになります。
あまり目立たないのですが、
下のな画像では「PJ1」の1の上の方
上の画像ではダンロップの上の方です。
今回は、クリアーの粘度が薄かったのかもしれませんが
完成画像で確認お願いします。


下地にシルバーを塗装し、黒、ガンメタなどを塗り重ね
メタリックブルー、クリアーオレンジ、スモークなどを質感を出していきます。


ネジをたします。


おきまりの穴あけ加工します。


デカールを張り、乾燥、その後クリアー塗装します。
今回あまりあつくクリアーを塗装できなかったので
表面を研ぎ出しします。(#800〜#1500)
その後、粗め、中目、細めとコンパウンド処理します。


ファスナーなアルミ棒から削りだしたのですが。


極小ネジ、虫ピンでボルトを再現






前後のタイヤセンターシャフトは真鍮パイプに交換


エンジン周りはパイピングなどを追加しています。
フロントホークはアルミ光沢テープをまきました。

inserted by FC2 system